ジョモリー(Jomoly) 使い方

ジョモリーは使い方を間違えると大変な事に!?

 

ジョモリー使い方の画像

 

ジョモリーは石鹸として全身を洗うだけでムダ毛ケアを始め色んな効果を発揮してくれますが、間違った使い方では予期せぬトラブルに見舞われてしまうことも!

 

ジョモリーの間違った使い方とは!?

 

ジョモリーの使い方をおさらい

 

まずはジョモリーの正しい使い方をおさらいします。

 

  • ジョモリーをたっぷりと泡立てる
  • 泡で優しく包み込むようにして揉み洗いをする
  • 泡が残らないようにしっかりと洗い流す

 

これだけ。ボディーソープの使い方そのもので、逆に間違った使い方も何もなさそうですよね。

 

ポイントはたっぷりと泡立てること。石鹸を直接身体に塗ってから泡立てるよりも、泡立てネットなどでこんもりと泡立ててから肌に乗せるようにしましょう。

 

ジョモリーはパラペンフリーで敏感肌の人でもピリピリしないで使えるので、全身はもちろん顔にも使えます。

 

まさか!?とは思うかもしれませんが、口まわりの産毛がまるでヒゲのように濃くで気になっている人って多いんです!

 

口の周りの皮膚はデリケートでカミソリ負けもしやすいし、抜くにしても一本一本かなり痛みを伴うこともあります。

 

しかも処理を重ねる程濃くなってしまい、どんどん目立ってきてしまう。

 

ジョモリーはそんな口周りのムダ毛も薄くできます。

 

ここで注意してもらいたいのが、ジョモリーの洗い流し方なんです!

 

洗面台で洗顔する時の様に、下を向いて両手に水を溜め、下から顔へ水をつけて洗い流す方法を避けるようにしましょう。

 

ジョモリーのたっぷりの泡が睫毛や眉毛にかかってしまう可能性が高くなります。

 

当然ですが、泡がつけば毛が薄くなる効果の影響が出てしまうので、眉毛や睫毛までも薄くなってしまうかもしれません。

 

泡をダイレクトにつけるわけではないので影響は小さいですが、毎日少しずつ泡の残りが付いてしまうと何の影響もないとは言い切れなくなります。

 

眉毛はメイクで足すことが出来ますが、睫毛はそうはいきませんよね。

 

ジョモリーを口まわりに使う場合は、上を向き上からシャワーで下へ洗い流せるようにバスタイムで使うことをお勧めします!

 

髪の長い人は背中やうなじを洗う時に髪が付かない様にも気をつけましょう。

 

ジョモリーはなんで洗うだけでムダ毛が薄くなるの?

 

自宅でムダ毛ケアと言えば、ボディーソープやクリームなどで肌を保護しながらカミソリで剃るという方法が一般的で、石鹸で洗うだけ、という方法はなかなかありませんよね。

 

ジョモリーはムダ毛ケア成分がどうすれば毛穴の奥の隅々まで届くのかと研究した結果、お風呂で温まり毛穴が開き、尚且つ汚れが洗い流されている瞬間であるという結論に辿り着きました。

 

たっぷりの泡の中に毛穴や肌の表面の汚れを落とし、潤いを与えると共に、綺麗になったまっさらの状態の毛穴の奥や生えているムダ毛にダイレクトに成分を浸透させる事が出来ます。

 

これを毎日毎日繰り返すことで、だんだんとムダ毛が目立たなくなり、新しいムダ毛も生えてこなくなり、肌の潤いのキープ力も高まります。

 

強力な薬品で瞬間的に脱毛するようなタイプではないので効果が出るまで根気がいりますが、そのぶん肌にダメージを与えない優しい成分を使っているので、最終的なツルツル肌にはきっと満足できると思いますよ!

 

 

 

>>ジョモリー(Jomoly)の公式サイトはこちら

 

 

 

関連ページ

ちょっと待って!楽天より安くジョモリーが買えるところがまだあります!
「ジョモリーを買ってみようかな」といつもの通りに楽天で検索して、あった!とカートに入れようとしている貴方!まだ間に合います!楽天でジョモリーを買うよりも安くなるお店、他にあるんです!
ネット販売店の最新最安値情報
通販サイトの価格って変動することがありますよね。ジョモリーの取り扱いの販売店でも価格の変動はあるのでしょうか?現時点でジョモリーを一番安くしている販売店の情報を公開します!
定期購入を始めるなら解約のタイミングに注意!
ジョモリーが安く買えるからと定期購入を始める予定の人は、解約のタイミングにご注意下さい!ジョモリーの定期購入はすぐには解約できません!